薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

仕事と家庭・育児の両立

薬剤師 結婚後の働き方
薬剤師は結婚後も続けやすい仕事と言えます。とはいえ、今の職場の仕事量や新居からの通勤距離によっては職場を変える必要が出てくるかもしれません。
結婚後、育児中など薬剤師の仕事とどう両立してる?
薬剤師には女性が多いため、退職するタイミングで特に多いのはやはり結婚・出産時です。育休はありますが、1年程度では子供はまだまだ手がかかりますよね。
託児所付薬剤師求人を見つけたい
お子さんがまだ小さいうちから復職したい場合、託児所の利用は欠かせません。子供を預ける保育所がなかなか見つからないという場合は、託児所ありの病院・薬局の求人を探してみましょう。
薬剤師 土日だけバイトしたい
旦那さんや両親に子供を見てもらえる週末にだけ働きたいという希望をお持ちの薬剤師の方もいるのではないでしょうか。ダブルワーク希望の方もいるでしょう。
扶養範囲内の薬剤師求人を見つけるには
結婚していて共働きをしている場合、扶養範囲内で働きたいという方も多いと思います。この場合は、年収額をセーブするために短時間の仕事を選ぶ必要があります。
大阪 託児所付の薬局求人ってある?
大阪の託児所あり薬局求人をお探しの方に、大阪の薬剤師求人も豊富に取り扱っている薬剤師人材紹介会社をご紹介します。
託児所ありの薬剤師単発派遣
託児所ありの薬剤師求人はありますが、単発・スポット派遣でとなるとなかなか見つからないのが現状です。近隣の託児所と提携していて利用できるケースはあるようです。
急な休みも取りやすい♪薬剤師が複数名体制の求人を探す
子供がまだ小さいうちは、急な熱や風邪で早退・欠勤しなくてはいけない場面も多くなってしまいます。そんな時に複数名体制の職場だと都合がつきやすいかもしれません。
ブランク防止のために週に数回パート薬剤師で働く
子育てのために休職中という方の中には、将来復職する時の事を考えてブランク防止のために短期間、短時間でもいいから働きたいと考える方もいます。
薬剤師 ブランクからの復帰・勉強法
出産を機に退職した後、育児が落ち着いたら復職を考える方は多いと思います。しかしブランク期間が長くなるほど不安も大きいのではないでしょうか。
薬剤師 子育てと仕事の両立
薬剤師は長く続けられる仕事なので、出産などで休職してもまた復職を望む方は多いです。ただ子育てと仕事を上手く両立するにはいくつかのポイントがあります。
託児所あり 薬剤師募集
出産後に復職するなら、託児所ありの病院・薬局などでの勤務を希望している方が多いかと思います。子供が小さいうちからフルタイムで働くのであれば託児所は必要ですね。
急な休みが取りやすい薬局の求人募集
子供が小さいうちは、急な病気や熱などで何かと会社を休まなくてはいけない場面が大変多いです。なので急な休みが取りやすい職場を選びたいところです。
育児中ママさん薬剤師が働きやすい求人って?
現在「女性が働きやすい職場」作りは進んできてはいますが、現状はまだまだ課題が多いです。ただ薬剤師はニーズが高いので、他職種より働きやすい状況ではあります。
【育児、家事優先】午前のみ勤務可、薬剤師求人
家庭を持った方なら、仕事と家庭を両立させるために午前中のみの勤務を希望される方もいるかと思います。調剤薬局やドラッグストアではそのような働き方も可能でしょう。
結婚後、正社員からパートに切り替えて働く
結婚前は正社員として働いていても、結婚後はパートに切り替えたという方は多いと思います。ライフスタイルに合わせた働き方ができるのも薬剤師の魅力の一つですね。
主婦薬剤師の登録も多い薬剤師派遣
薬剤師派遣には、主婦の方の登録も多いです。家事や育児があるから短時間勤務がしたい、復職に向けてブランクを空けないようにしたいなどといった理由からですね。
時給3,000円以上、高収入で効率良く稼ぎたい
時給で働くのであれば、少しでも高時給の職場で効率良く稼ぎたいと思いますよね。薬剤師の中でも特に時給の高い職場を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか。
育児中の薬剤師が働きやすい薬局って?
子供が小さいうちは、風邪や急な発熱などで何かと急な休みや遅刻・早退をしなければいけない事が多くなり、周囲の理解が必要となります。
薬剤師派遣の収入で子育ても充実
育児中は何かと出費が増えますし、忙しくて長時間働きに出ることは難しいです。薬剤師派遣は高時給なので短時間でしっかり稼ぐ事ができ、育児との両立がしやすいです。
週1で働ける薬剤師求人
育児と仕事を両立するために、また復職をお考えの方で慣れるまでは週1での勤務から始めたい、といったように、週一回から働ける仕事を探しているという方もいるでしょう。
自宅から近くの職場を見つけたい場合
職場選びの際、「通勤時間の短さ」を重視するという方も多いのではないでしょうか。自宅近くの職場を探したいという場合、どのような方法が効率的なのでしょうか。
有給消化率の高い職場へ転職したい
職場によっては有給が取りづらいという事もあるかと思います。周りが誰も取っていなかったら、自分だけ使うのはちょっとな・・・とためらってしまいますよね。
子供が1歳になったから調剤薬局に復職
「子供が1歳になったから調剤薬局に復職する」という選択肢も現実的ではないでしょうか。1歳はまだまだ手が掛かると思いますし、育児と仕事の両立はハードルが高いかもしれませんが、仕事の勘はスムーズに取り戻せると思います。
ブランクあけ復職支援の研修がある薬剤師求人
仕事と家庭・育児と両立しながらブランクあけで働く際、復職支援の研修が充実している職場を選ぶと良いですね。復職支援の研修があればブランクが長くても仕事の勘を取り戻しやすいですし、少しずつ実戦復帰できるので心強いと思います。
時短勤務可能な職場への薬剤師転職
仕事と育児の両立を考える際、時短勤務可能な職場へ転職する、という選択肢がありますね。時短勤務とは、育児休業からの復帰で短時間勤務することです。原則1日6時間の勤務となっていますね。
産休・育児休暇制度ありの職場へ転職
薬剤師の仕事と育児の両立を考える際、産休・育休休暇制度ありの職場への転職を考えることもあるでしょう。産休制度は正式には産前産後休暇と言います。育児休暇は育児介護休業法に定められている制度ですね。