薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

有休消化率が高い、100%の職場で働きたい

有給休暇に注目して薬剤師求人を探す

薬剤師求人探しでの優先度は人それぞれあると思います。

優先度が高い求人の条件としては、

などがあると思います。

これらは正社員として薬剤師求人を探すのか、もしくは育児の時間もあるのでパートとして短時間勤務で働きたいのか、といった事などでも優先度が変わってくるでしょう。

どうしてもこの条件だけは満たしたい!
というものがあって、お仕事を探されている薬剤師さんが多いと思います。

そうした薬剤師求人の中で、時々気にして見て欲しいのが、有給消化率です。

有給消化率は、高い方が良いです。
理想はやはり100%の取得です。

労働基準法から言っても、働く側の権利として取得は推奨されます。

と、は頭では分かっているのですが取得率は必ずしも全体では100%にはなりません。
やはり職場それぞれで忙しさも違いますし、職務にあたる従業員の人数も違います。

しかし、有給消化率は高い方が良いと思われる薬剤師さんは多いと思います。
子供の学校行事などがあれば、やはり休みたいですよね。
そうしたときに有給が使えると、助かりますよね。

なので、優先度はそれほど高くはならないと思いますが、薬剤師求人を探す際には、時々有給消化率にも注目してみて頂きたいなと思います。

有給消化率で確認すべきポイント

「有給消化率が高い!
きっと、従業員重いの良い職場なんだろうな~!」

と素直に考えてはいけないんですね。

有給消化率が高い理由としては、以下の2つが考えられます。

前者の場合には、良い職場だと思います!
時々、有給消化率100%という職場もあります。

どうして有給消化率が高いのは、もし可能であればその取り組みを薬剤師紹介会社を通して質問してみても良いでしょうし、面接の際に直接質問してみても良いと思います。

納得できる答えが返ってきて、仕事内容、給与・時給が良いのであれば是非入社したいですね!定着率もとても高い職場なのではないでしょうか。

そして、問題は後者です。

退職する前、ほとんどの方は、残っている有休は使いたいと考えます。
職場に不満がある方は特に、残り日数の仕事へのモチベーションが下がりまくります。
最低限の引き継ぎを終わらせたら、有給休暇の消化に入るのが通常です。
そして、できる限り有給休暇を取得します。

その結果として、有給消化率が高い可能性もあります。
その場合、離職率も高いのかもしれません。

長く働ける、働きやすい職場を探したい場合、有給消化率にも注目してみると、色々と職場の雰囲気、情報が見えてくるかもしれません。

例えば、

ファルマスタッフ

など薬剤師求人数が豊富な求人サイトを利用すると、有給消化率の高い調剤薬局、ドラッグストアなどの求人募集に関する情報も集めやすいです。

転職コンサルタントを活用する事で、有給消化率などの情報も得られますから、ぜひこうした情報も調べて職場選びの参考にされてみてはいかがでしょうか。